スマートフォンはこちらから

はじめに
資格には国家資格から民間資格まで、さまざまな資格がありますが、資格を取得する目的は人によって違います。仕事や就職を有利にするために資格を取得しようとする人もいれば、教養を高め人生を少しでも豊かにしたいと考える人もいます。
このサイトは、コーディネーター資格という分野に進もうとする人たちにヒントを提供し、コーディネーター資格を選択する際のひとつの判断材料になる情報の提供を心がけています。

コーディネーターはレベルの高い職業

コーディネーター資格は民間資格であり、業務独占資格でも名称独占資格でもありませんが、人気のある資格が多く、たくさんの方々が資格を取得しています。
難易度が高いものは少なく比較的容易に資格を取得することができる場合が多いのですが、コーディネーターという名称に象徴されるように、それぞれの分野で活躍する仕事のプロ達の間に入って、異なる主張や意見のズレを調整しながら最適な結果を生み出す役割を担っています。
したがって、幅広い知識と高いコミュニケーション能力、物事をとりまとめる力が求められます。
コーディネーター資格の本質はレベルの高い仕事が要求されているのです。
資格を取得するだけで終わらず、その分野の仕事に就いて経験を積み重ねることにより、名実ともにコーディネーターといわれるに相応しい実力を見に付けてください。
コーディネーターとして力を付ければ、求職に困ることはありません。

コーディネーター資格を取得することとは

本サイトは日本の経済状況を踏まえながら、これからコーディネーター資格を取得する人や既に資格を取得してその分野に進もうとする人にとって厳しい内容となっています。
けっして、いたずらに資格取得を煽ったりはしていませんので、期待はずれになるかも知れません。しかし、コーディネーター資格にかかわらず、どのような資格であっても資格を取得しただけでは用をなしません。
あなたが進もうとする分野を知ること、やりたい仕事に対する自分の適性を知ること、資格分野の就職にはプラス材料になることなどを念頭において、資格取得は、あなたが進もうとする分野の入り口であるという自覚を持つことが必要です。

また、資格取得+αとして、人の話を理解する力や聞き出す力、TPOに則した言葉使い、人を惹きつける話し方、聞いたり話したりするときの好感度ある仕草なども資格取得中に是非身につけてください。
きっと、あなたが取得するコーディネーター資格を何倍にも輝かせることでしょう。

求人企業が少ないという現実

コーディネーター資格は、その資格名称で求人する企業が少ないという現実がありますが、活躍する場が少ないということではありません。資格取得で得た知識を活かす職場は数多くあると考えてよいと思います。企業が資格の有無にこだわらないケースが多いことと、資格の定義と募集する仕事の内容が必ずしも一致しないという理由から、募集資格にコーディネーター名称を積極的に使用していない企業が多いという状況にあります。

ハローワーク情報が最大の求人情報データベースになりますが、民間の人材紹介会社や求人検索サイトにもハローワーク以外の求人先が掲載されていますので、情報をキャッチするアンテナを広げることが不可欠です。

★2012年から民間職業紹介の求人情報も毎月10カ所以上ウオッチしています。
アロマセラピスト、福祉住環境コーディネーター、カラーコーディネーター、フードコーディネーター名称の求人はとくに少ないので、ハロワーク情報に加えて民間職業紹介による情報の入手は不可欠です。
当サイトが扱う資格名称の求人情報を持っている民間職業紹介会社の主なところとして「ジョブセンスリンク」「リクナビネクスト]「DODA]等があります。 いち早くより多くの情報をキャッチし、選別して積極的に行動に移すことを奨めます。 情報の量が優先される資格名称です。

一方、インテリアコーディネーターや治験コーディネーターは、求人先も多く比較的余裕がありますので、職務内容、待遇、福利厚生等の希望条件に近い求人先を探すために、コンサルタント機能が充実した民間職業紹介を通して、コンサルタントと相談しながら進めるのがいいでしょう。
条件に合った求人が出たらすぐに連絡が入りますし、求人先について不明な点があれば確認してくれます。

コーディネーターの求人動向は当サイトの「コーディネーター2018年の求人動向」の ページでより詳しく紹介しています。

就職面接における大切な要素

資格を取得して、すぐに独立開業する人はいないと思いますので、経験を重ねるために資格分野に関連する企業に就職することが、最初のステップになります。
企業が人を採用する際の判断基準として、その分野や業務に関する知識の程度だけでなく、他の要素の有無やレベルを判定していくことも知っておくべきでしよう。
他の要素は企業によって当然異なる部分もありますが、普遍的な要素として営業的センスを身につけることを薦めます。コーディネーター資格取得者にとって、とくに必要とされる要素です。

仕事を通して収入を得るという一連の活動においても、営業的センスの有無は仕事の成否と収入に大きな影響を与えますし、ビジネスのさまざまなステージや地域社会で生活していくうえでも力を発揮します。

営業的センスとは

コーディネーターは、専門家や顧客の間に入ってコーディネートする仕事ですから、営業的センスが一層強く求められるということがイメージできるのではないかと思います。
ここでは、営業的センスを様々な環境や状況のもとで、個性の違う多様な人間に対応できる力と定義づけることにします。
営業的センスを身につけるための基本は、相手の立場に立って物事をみることができるかどうかにかかっています。相手の話をよく聞いて理解し、相手が望むことを推し量り、言葉や行動で応えていくという一連の動さが相手の立場に立って物事を見るということです。
営業的センスは仕事先の外部の人に向けるばかりでなく、社内の人に対して向ける場合も効果を発揮します。
営業的センスを社内の人に向けた場合には、上司や同僚のサポートを得やすくし、あなたの仕事がスピードアップされることと思います。
ここでは物を売る力ではありません。
立て板に水のように話せることが、必ずしも営業的センスがあるとは限りません、アナウンサーやお笑い芸人という職業では必要とされても、営業的センスという視点では重要なポイントではありません。口下手な人でも営業的センスのよい人もいますし、社会経験の少ない人にも営業センスのよい人もいます。
相手の立場に立って、物事を考えられる人は、営業的センスの素養があるといえます。

各業種のセールス日本一に選ばれた人たちのスピーチを聞きにいったことがありますが、見た目も話し方も、営業マンのイメージとはほど遠い人が日本一のセールスマンになったりしています。方言が強くうまく聞きとれなかったりするほどです。スピーチはお世辞にも上手といえるものではありませんでしたが、共通して言えることは、相手の立場に立つことが上手ということです。
相手の立場に立つことができれば、相手の気持ちも分かることが多くなります。
相手の気持ちがわかれば、口下手であっても、誠実な言葉を投げかけたり、行動によって相手の気持ちを掴むことができます。
相手の気持ちを掴むことができれば、それを仕事に活かすことも、日常生活で活かすこともできますね。是非、営業的センスを身につけてブラッシュアップを図ってください。


カテゴリー

コーディネーター 今月の求人状況
コーディネーターを始めとするアロマ資格、インテリア資格、フード資格、ブライダル資格、カラー資格、医療福祉系資格の求人のトレンドを追います。
コーディネーター資格選びの注意点
コーディネーター資格は民間資格が多く、民間団体や民間企業が簡単に資格を創出できます。信頼性や継続性が重要な要素となります。 あなたの目的に合ったコーディネーター資格を選ぶ際の注意点を紹介します
福祉住環境コーディネーター資格・就職の展望
福祉住環境コーディネーターの展望と求人の状況、福祉環境コーディネーター検定資格試験概要、検定資格認定団体概要を紹介します
メディカルレコードコーディネーター資格・就職の展望
メディカルレコードコーディネーター・診療情報管理士の展望、将来性、求人の状況、資格検定認定団体概要、資格検定試験概要を紹介します
インテリアコーディネーター 資格・就職の展望
インテリアコーディネーター資格の展望、将来性、求人の状況、検定資格試験の概要、資格認定団体の概要を紹介します
カラーコーディネーター 資格・就職の展望
カラーコーディネーターの展望、将来性や求人の状況を解説し、併せて資格認定団体概要、資格検定試験の概要等を紹介しています
ブライダルコーディネーター 資格・就職の展望
ブライダルコーディネーターの展望、将来性、就職への有効性を解説し、併せて求人の状況、資格認定団体概要、検定資格試験概要を紹介します
フードコーディネーター 資格・就職の展望
フードコーディネーターの展望、将来性や求人募集の状況を解説し、併せて資格認定団体概要、検定資格試験概要等を紹介しています
アロマコーディネーター・アロマセラピスト 資格・就職の展望
アロマコーディネーター・アロマセラピストの展望や将来性、就職への有効性を解説します。 求人の状況、資格認定団体、資格検定試験概要についても紹介しています
治験コーディネーター その展望
治験コーディネーターの将来性や就職への有利性、成長する治験市場と求人の状況、認定資格について解説して います