コーディネーター 資格・求人の展望のTOPに戻る


福祉住環境コーディネーター 資格・求人の展望

スマートフォンはこちらから


福祉住環境コーディネーターとは
福祉住環境コーディネーターとは、ケアマネージャーや建築士らと連携して、高齢者や介護保険サービスを受けている人たちの安全で快適な住環境をコーディネートし、福祉用具や介護用品等の選択と利用の適切なアドバイスを行う専門職です。

個人の家だけでなく、町づくり、介護保険上在宅と分類されるグループホームやケアハウスの福祉住環境整備のコーディネートまで担っているとしています。

市場性:介護住宅
福祉住環境コーディネーター資格を就職という側面からみると、該当する分野の市場性が重要なファクターとなります。
住宅改修費給付金支給総額は当初こそ大きな伸び率を示しましたが、その後年間400億円前後で横ばいに推移している状況です。
給付金の対象となる住宅改修は、限定された工事が対象となり、手すり、スロープ、洋式トイレ、段差の改修、滑り防止などの小工事に限られていて、給付金の上限も一件あたり20万円と定められています。平均支給給付額は11万円程度であり、施工業者からみれば、大きい市場とはいえません。
一方、改修件数は、単年度37万件にのぼりますので、付随するリフオーム工事や住宅建て替え等の潜在需要を含めると、市場規模はもっと大きなものとなります。

ただし、ケアマネージャーや建築士、理学療法士、作業療法士等も「住宅改修の理由書の作成」をすることができますので、すでに介護保険の適用を受けている人の住宅改修であれば、主としてケアマネージャーがとりまとめるのが一般的です。

福祉コーディネーター資格ひとつで独立できる資格ではありませんので、建築士やケアマネージャーの資格にプラスされると有効でしょう。
福祉住環境コーディネーター資格検定試験の受験者をみれば、すでに他の資格を取得したうえで、さらに福祉住環境コーディネーター資格検定試験に挑戦している人が多いことからも、それが伺えます。

市場性:福祉用具
福祉用具については、世界に類をみないスピードで進む高齢化を迎える日本の市場の中で、非常に関心が高まっていく市場とみることができます。
国は「戦略的な新産業分野」として7分野を重点分野に位置づけ、健康福祉機器・サービスをそのひとつにあげています。

介護保険法による福祉用具の範囲は、予算との絡みもあって品目数は少なめですが、福祉用具法に定める品目数は、もっと多く、その市場は1兆円を超える一大市場を形成しています。
福祉用具に類似した共用品を含めると3.9兆円(2005年)になります。福祉用具に対する潜在的なニーズは非常に大きく、中小製造業の新たな参入が期待される市場の一つとされています。

このように福祉用具の市場は大きいものですが、福祉用具を必要としている人たちのニーズをつかめていない中小零細企業も多いことと、福祉用具を求めている人たちに的確な情報が行き渡らないというミスマッチが生じています。

進路
このような介護・福祉の市場を背景にして、福祉住環境コーディネーター資格取得者の活躍の場の広がりを期待できますが、まだ、福祉住環境コーディネーターの役割が十分浸透していないというのが実情です。

介護の分野へ進むのか、住宅建設分野へ進むのか、福祉用具介護用品分野へ進むのか、
それらを組み合わせたシルバー向け総合企業に進むのか、進む分野によって同じ福祉住環境コーディネーター資格取得者であっても、将来の在り方は、それぞれ異なっていくことになります。
企業における福祉コーディネーターの仕事は、就職した企業の仕事内容の一部である場合が大半であることに注意してください。それらをこなしていくことによって、企業のノウハウがあなた自身に蓄積されていくことになります。

いまは、大学を出ても就職が困難な時代です。企業も大学を出ただけでは評価しません。福祉という分野に関心を抱き、その分野に進もうとするならば、関連する知識を習得した人とそうでない人との間には差がでます。就職活動の際、自分は福祉や介護住宅に興味がありますとことばだけで説明するよりも、福祉コーディネーター資格取得は、よほど説得力があります。
進もうとする分野が好きであること、あるいは強い関心を持っていることが重要です。

このサイトの情報にとどまらず、積極的に関連情報を収集して進路を判断してください。
また、資格+αのスキルを身に付けることを薦めます。
プラスαのスキルについてはTOPページに詳しく解説しています。

関連コンテンツ

福祉住環境コーディネーター 求人の状況

スマートフォンはこちらから 少ない福祉住環境コーディネーターの求人 介護、福祉、住宅の各分野に進路がありますが、現状では福祉住環境コーディネーターとしての求人が多いとはいえないのが実態です・・・

福祉住環境コーディネーター資格認定団体と資格検定試験

スマートフォンはこちらから <民間資格> 福祉住環境コーディネーター検定資格は、東京商工会議所が認定する1999年5月にスタートした民間資格です。厚生労働省通達により、介護保険制度給付金・・・