コーディネーター 資格・求人の展望のTOPに戻る


インテリアコーディネーター 資格試験概要

スマートフォンはこちらから


インテリアコーディネーター資格試験

【願書提出期間】
毎年7月下旬〜8月下旬(平成24年は7月23日〜8月30日)

【試験日】
一次試験:10月13日(平成25年年度)
二次試験:12月 8日 (平成25年年度)

【試験範囲】
一次試験
 <インテリア商品と販売の基礎知識>(100分)
1.インテリア商品・部材  2.インテリア販売  3.インテリア情報 4.コンサ ルティング 5.積算・見積   6.住環境
 
 <インテリア計画と技術の基礎知識>(100分)
1.住宅構造   2.インテリア構成材  3.室内環境 4.インテリア基礎 5.インテリア計画  6.表現技法 7.関連法規

米平成26年秋からの試験は<インテリア商品と販売の基礎知識>と<インテリア計画と技術の基礎知識>は統合されて「学科」試験1科目になる予定です。

二次試験
 <論文試験>(80分)
インテリアコーディネーターとしての資質、能力、職業倫理が備わっていること。
また、居住環境(住まいの健康・安全等)、コンサルティング、インテリア計画に関する課題についての問題点の捉え方、理解力、判断力、表現力等を有していることが求められます。
 
<プレゼンテーション試験>(140分)
一次合格で理解した基礎知識を基に、多様なインテリア計画に関する基本コンセプトの作成、プランニング(計画立案)、プレゼンテーション(提案)の総合的な実務能力を有していること(図面の作成、色鉛筆を使用して彩色等)が求められます。

【受験資格】
一次試験:制限がなく、どなたでも受験できます。
二次試験:一次試験合格者

【試験免除】一次試験に合格して、二次試験で不合格になった場合、次年度から3年間は一次試験が免除されます。
一次試験の2科目(「インテリア商品と販売」「インテリア計画と技術」)のうち、1科目を合格した場合は、次年度から3年間は合格科目の受験が免除されます。但し、平成25年秋試験に1科目合格したひとの免除期間は2年です。
科目統合を予定しているための措置になります。

【試験開催地】札幌・盛岡・仙台・高崎・東京・名古屋・金沢・大阪・広島・高松・福岡・沖縄

【合格率】
平成24年実施試験
一次試験:受験者数 9,515名 . 合格者数 2,942名 (一次合格率 30.9%)
二次試験:受験者数 4,030名(内:一次免除者1,413名)合格者数 2,942名(二次合格率 63.4%)

【志願者数推移】平成20年の1次試験志願者数は14,500人、21年度14,087人,24年度は10,922人です。ここ数年、志願者数は漸減傾向にあります

【資格取得】資格試験に合格しただけでは、資格取得とはなりません。
資格試験に合格した後、登録料(5年間13,650円)を納付、登録手続きが完了すると協会認定のインテリアコーディネーターとして登録され、インテリアコーディネーター証と証書が交付されます。
申請期間内に登録手続きが完了しない場合は「登録する権利」が失効しるので注意が必要です。

関連コンテンツ

インテリアコーディネーター資格認定団体

スマートフォンはこちらから <民間資格> インテリアコーディネーター資格はインテリア産業協会が独自の判断基準で認定する民間資格です。 類似資格に建築技術教育普及センターが認定するインテリ・・・

インテリアコーディネーター 求人の状況

スマートフォンはこちらから ■インテリアコーディネーターの仕事: インテリアコーディネータの仕事をするのにインテリアコーディネーターの資格取得は必須要件になりません。 したがって、イ・・・

インテリアコーディネーター 資格・求人の展望

スマートフォンはこちらから ■インテリアコーディネーター資格と仕事: インテリア資格の内、インテリアコーディネーターとインテリアプランナーはそれ ぞれの特徴をもつ資格ですが、実際の仕事の・・・