コーディネーター 資格・求人の展望のTOPに戻る


ブライダルコーディネーター資格検定試験概要

スマートフォンはこちらから


ブライダルコーディネーター 資格検定試験
ブライダルコーディネーターの受験資格は制限が設けられていますので、該当するかどうか、あるいは受験資格を得るための行動を起こすかどうか判断しなければなりません。3種類のブライダルコーディネーター資格が存在し、それぞれに受験資格要件が定められています。

アシスタント・ブライダル・コーディネーター資格検定試験(ABC検定)
ブライダルコーディネーター資格初級に該当します。
ブライダルを担当する者が心得ておくべき基礎的な実務知識習得の目標達成度を判定する検定試験です。

【出題範囲】
ABC検定テキストの内容及び、ブライダルの一般常識論、最新の業界事情より出題されます。

【試験方式】
マークシート方式による四者択一問題100問。
試験時間60分。
100点満点の70点以上合格とする絶対評価方式を採用しています。
70点以上とれれば何人でも合格できます。

【受験資格】
BIA会員のホテル・観光系専攻専門学校、大学の2年次修了予定者またはBIA会員企業の従業者または協会が認 定した者。
指定校として、90前後の短大・専門学校が指定されています。

【試験時期】1月(年1回)

【合格率】 
 第13回ABC検定試験(2013年1月31日実施)
 受験者数 3,144名 合格者数 2,745名  合格率 87.3% 受験校数142校 

BIAブライダルコーディネーター資格検定試験
BIAブライダルコーディネーター資格は、ブライダルコーディネーター資格の中級として位置づけられ、BIA協会がプロとして認定した意味合いを持ちます。
【受験資格】
すでに、ブライダル業界で現職にある人が、BIA協会が実施する講座を受講し、修了する必要があります。
   講座数:28講座 履修時間:40時間
   受講料:会員企業 137,000円 非会員企業 189,000円
  講習場所:東京と関西のホテルで実施されるため、遠方の 受講生はホテル宿泊費が必要となります。

【資格取得】
 上記全講座を履修し、レポートを提出し、修了試験の合格をもって認定されます。

IBC資格検定試験(イントロダクション トゥ ザ ブライダルコーディネーター)
IBC資格とは、ブライダル業界への就職を希望する「社会人」「新卒を控えた短大・四大生」を対象に、将来不可欠になる「実務知識」「具体的な接客技術」等の修得ガイドラインを設定した上で、BIAが検定を実施し、優秀な資質を保持していることを確認する制度です。初歩的なブライダルコーディネーターの知識レベルを検定します。
【受験資格】
 指定校における所定の単位履修した人が受験資格があります。
 現在、10校の民間スクールが指定校になっています。
   東京観光専門学校
   大阪観光専門学校
   ヴィーナスアカデミー
   グロウ・アップ・カレッジ
   SBCブライダルアカデミー等。

【試験時期】
 1月に予定されています。

【合格証】合格者には「合格証」ならびに「合格認定カード」が付与されます。

関連コンテンツ

ブライダルコーディネーター 求人の状況

スマートフォンはこちらから ブライダルコーディネーターの仕事をするうえで、資格取得は必須要件ではありません。実際の企業の求人においても、資格の有無を問わない場合が大半になります。 一方・・・

ブライダルコーディネーター資格認定団体概要

スマートフォンはこちらから <ブライダルコーディネーター資格検定認定団体> 日本ブライダル文化振興協会 【法人格】公益社団法人 通商産業大臣の許可により設立されたブライダル業界では・・・

ブライダルコーディネーター 資格・求人の展望

スマートフォンはこちらから <民間資格> ブライダルコーディネーター資格には、民間資格として日本ブライダル事業振興協会が独自の基準で認定するアシスタントブライダルコーディネーターおよびBI・・・