コーディネーター 資格・求人の展望のTOPに戻る


フードコーディネーター 資格・求人の展望

スマートフォンはこちらから


展望
フードコーディネーターが活躍する場は幅広く、食品メーカーにおける新しい食品の開発や外食産業のメニューの開発、さまざまな食に関するイベントの企画、デパートの食品売り場の構成やレストランのトータルプロデュース、雑誌や料理本、食品の通販カタログなどのコーディネート、食のビジネスコンサルタント、料理教室、独立開業など、ゼネラリストとしてのフードコーディネーターは多岐にわたる活躍の場が想定されます。自分の得意分野をもって、独自な活躍をしているフードコーディネーターもいます。

反面、求人情報では、フードコーディネーター募集という表現をする企業が少ないと言わざるを得ないのが現状です。さらには、「フードコーディネーター資格取得者募集」「フードコーディネーター資格者歓迎」「フードコーディネーター資格手当有」といった資格に絡む求人は極めて少ないというのが現実です。

フードコーディネーターは憧れの職業ですが、企業の求人が少ないということに注意する必要があります。
この理由は、フードコーディネーターはゼネラリストとしての守備範囲が広いということに起因しています。求人サイドの立場に立つと、漠然とした仕事内容で求人するよりも、絞り込んだ仕事内容で求人募集したほうが、求人広告の効果があると考えるケースが多いからと考えます。
例えば、新食品の開発担当者募集とか食に関するセミナー担当者募集といった求人内容になります。
このことは、一部のゼネラリストがフードコーディネーターとして活躍していますが、フードコーディネーターの名称が、一般的に広く職業として確立するのはまだ先のことといえましょう。

ゼネラリストになるためには、どの分野でも同じですが、相当の経験と成果ある実務実績をあげていかなければゼネラリストというステージには立てません。
実務経験に乏しく、フードコーディネーターの資格を取得したというだけでは、職業人としてのフードコーディネーターとの間に相当の乖離があることになります。
資格取得を契機として、地道な経験を積むことを念頭に置きながら、ゼネラリストとしてのフードコーディネーターを目指すことを勧めます

関連コンテンツ

フードコーディネーター 資格と仕事

スマートフォンはこちらから フードコーディネータとは フードコーディネーターの仕事をするのにフードコーディネーターの資格取得は必須要件になりません。 フードコーディネーターとは、資格・・・

フードコーディネーター資格検定試験と資格認定企業

スマートフォンはこちらから 民間資格: フードコーディネーター資格は、日本フードコーディネーター協会が独自の基準で実施する民間資格です。 類似資格に日本フードスペシャリスト協会が認定する・・・