プランナー 資格・求人の展望のTOPに戻る
「プランナー 資格・求人の展望」トップ >  インテリアプランナー 資格・就職の展望 > インテリアプランナー資格と仕事<プランナー資格・求人の展望


インテリアプランナー資格と仕事<プランナー資格・求人の展望

スマートフォンはこちらから


インテリアプランナーとインテリアコーディネーターの違い
インテリアプランナー資格とは、インテリアプランニングにおける企画・設計・工事監理を行うインテリアに関する知識と技術に習熟した専門家のことであり、建築技術教育普及センターが行う試験に合格し、登録を受けた資格者のことをいうと建築技術教育普及センターが定義しています。

一方、インテリアコーディネーター資格とは、東京商工会議所が次のように説明しています。インテリアコーディネーターは、住む人にとって快適な住空間を作るために適切な提案・助言を行なうプロフェッショナルです。インテリア(家具、ファブリックス、照明器具、住宅設備等)に関する幅広い商品知識を持ち、インテリア計画や商品選択のアドバイスなどを行ないます。

上記2つの定義を比較するとその違いが分かりやすくなりますが、インテリアに関する知識に基づいて、
インテリアプランナーは、実際に企画し、設計し、工事管理までもできる専門家、インテリアコーディネーターは、インテリアに関する知識に基づいて、建築士、設計士、インテリア商品販売者などの住宅建設に関わる専門家たちと住宅の施工主の間に入って、施工主のニーズを把握しながら、それが実現できるようにアドバイスし調整する専門家です。

インテリアプランナーの仕事
この二つの資格の違いは、実際の仕事の場においては明確でありません。
業務独占型資格ではないので企業ごとに必要に応じて仕事の範囲を定めていくことになります。
インテリアプランナーであってもインテリアコーディネーターの仕事の部分が含まれる場合もあり、その逆の場合もあります。もちろん、その他の業務内容が含まれる場合もあるでしょう。

インテリアプランナーは実務経験を重ねていく過程で、コミュニケーション能力があれば、インテリアコーディネーターを兼ねることは比較的容易です。
一方、インテリアコーディネーターがインテリアプランナーを兼ねることは容易ではありません。
インテリアプランナー資格も女性が取得するケースが増えてきましたが、インテリアコーディネーター資格ほどではありません。これは、住宅の施工主側でインテリアに関心を強く寄せるのは、奥さんや娘さんである場合が多いので、女性インテリアコーディネーターに相談する方が、意思の疎通がはかりやすいという事情にあるようです。

資格試験の難易度と上記の理由から、資格取得の人気という点においては、インテリアコーディネーターがインテリアプランナーを凌いでいます。
また、インテリアプランナー資格は、企画や設計までも行う専門家ですが、建築士のように建築確認申請ができないところが残念なところです。

インテリアの市場については、インテリアコーディネーター資格・求人の展望で紹介しています。

  

関連コンテンツ

インテリアプランナー資格試験概要<プランナー資格・求人の展望

スマートフォンはこちらから 財団法人建築技術教育普及センターが実施する試験です。 ■<試験> ●受験資格…受験年の4月1日現在、20歳以上の人であれば資格があります ●試験日程…1・・・

インテリアプランナー 求人の状況<プランナー資格・求人の展望

スマートフォンはこちらから ■インテリアプランナーの仕事と求人の状況 インテリアプランナーの仕事をするのに、インテリアプランナー資格は必須要件になりません。 資格を取得していなくても、イ・・・

インテリアプランナー資格と資格認定団体<プランナー資格・求人の展望

スマートフォンはこちらから <民間資格> インテリアプランナー資格は、1987年に建築技術教育普及センターによって創設され、センター独自の基準により認定する民間資格です。 当初は、建設大・・・