プランナー 資格・求人の展望のTOPに戻る
「プランナー 資格・求人の展望」トップ >  インテリアプランナー 資格・就職の展望 > インテリアプランナー資格試験概要<プランナー資格・求人の展望


インテリアプランナー資格試験概要<プランナー資格・求人の展望

スマートフォンはこちらから


財団法人建築技術教育普及センターが実施する試験です。

<試験>
●受験資格…受験年の4月1日現在、20歳以上の人であれば資格があります
●試験日程…11月18日(日) 平成24年度の試験日です。年1回行われます。
      願書提出期間:8月1日〜9月21日
●受験地…札幌市・仙台市・東京都・名古屋市・京都府・大阪府・広島市・福岡市
●試験内容
【学科試験】
出題分野:.ぅ鵐謄螢計画、▲ぅ鵐謄螢∩備、インテリア施工、ぅぅ鵐謄螢∨ゝ、シ築一般
出題数は30問で出題形式は四枝択一式になります 

【設計製図試験】
出題内容:建築物における空間の使われ方、生活のイメージが判るようなインテリア設計。
要求図書の種類:設計主旨、平面図、断面図、展開図、天井伏図、透視図、一部詳細図、仕上表、家具表 等のうち指定するもの
設計課題の発表:設計課題は平成24年は7月31日に公表。

【受験申込区分】3通りあります。
「学科試験のみ」「学科試験+設計製図試験」「設計製図試験のみ」                                          
学科試験または設計製図試験のいずれかが合格した場合、5年以内であれば不合格科目のみの受験が認められています。5年以内に「学科試験」及び「設計製図試験」のいずれにも合格した場合、インテリアプランナー試験の合格者となります。

●受験有資格者数:1,022名(平成22年度)
●合格者数:173名(平成22年度)
●合格率:24.3%
●資格登録者数:平成23年3月時点で累計9,903名のひとが登録しています。

資格取得>
試験に合格後、所定の条件のもとに登録することにより、インテリアプランナー資格を取得することができます。
所定条件は学歴+実務経験年数、または資格所持者+実務経験年数と細分化されています。
たとえば、インテリアコーディネーター資格取得者がインテリアプランナー試験に合格した場合、その後インテリア関係の実務経験2年で登録が認められます。

 

関連コンテンツ

インテリアプランナー 求人の状況<プランナー資格・求人の展望

スマートフォンはこちらから ■インテリアプランナーの仕事と求人の状況 インテリアプランナーの仕事をするのに、インテリアプランナー資格は必須要件になりません。 資格を取得していなくても、イ・・・

インテリアプランナー資格と資格認定団体<プランナー資格・求人の展望

スマートフォンはこちらから <民間資格> インテリアプランナー資格は、1987年に建築技術教育普及センターによって創設され、センター独自の基準により認定する民間資格です。 当初は、建設大・・・

インテリアプランナー資格と仕事<プランナー資格・求人の展望

スマートフォンはこちらから <インテリアプランナーとインテリアコーディネーターの違い> インテリアプランナー資格とは、インテリアプランニングにおける企画・設計・工事監理を行うインテリアに関・・・