ウエディングプランナー 資格と仕事<プランナー資格・求人の展望




ウエディングプランナー資格は民間資格
ウエディングプランナー資格は業務独占的資格ではありませんので、資格の有無にかかわらず、ウエディングプランナーの仕事に就くことができます。

企業からみたウエディングプランナーの仕事
ウエディングプランナーは、テレビの連続ドラマのタイトルに使われ放映されたこともあり、ウエディングプランナーの仕事が広く一般に知られるようになりました。
結婚式の企画立案、式当日の運営等、結婚を考える顧客に対しトータルでコーディネートする仕事というイメージが大きいですが、求人サイドの明確な定義はありません。
企業が必要に応じて職務の範囲を決めますので、企業によって仕事内容が異なる場合があるということに注意が必要です。
求人募集の際には、あなたのイメージにあった仕事かどうか企業に問い合わせる必要があります。
婚礼式場のフロント担当や接客係などの婚礼に関わる仕事の大半をウエディングプランナーと称する企業もあります。求人募集の際に、「ウエディングプランナー募集」としたほうが、人が集まりやすいという事情もあるようです。

仕事と働く環境
また、中小の企業が多く労働条件も厳しい場合も多いので、労働条件の確認とハードな仕事も覚悟する必要があります。
土日祝日は婚礼が集中しますので、世間は休みでもウエディングプランナーは繁忙期ということになります。
もちろん、カップルを担当する責任者となれば、カップルとは半年から1年近くお付き合いすることになりますから、その間さまざまな要望を受けながらそれに応えていかなければなりません。婚礼当日だけでなく仕事は発生し、とくに2週間くらい前からは忙しく、仕事が深夜に及ぶことも覚悟する必要があるでしょう。
そして、ミスが許されない仕事でもありますので婚礼当日は神経を使うこととなります。
大事な結婚式が成功裏に終わるかどうかの鍵をウエディングプランナーは握っているので精神的に疲れることもあるでしょう。

ウエディングプランナーの仕事として、営業という仕事が加わる場合も多いです。
カップルが式場を決める際は、当然いくつかの式場へ足を運んで比較しますので、
応対したウエディングプランナーの営業力如何で式場選びが左右されるといっても過言ではありません。
企業にとっては、新規顧客を獲得することがとても重要なことなので、営業にはたいへんな力を注いでいます。その重要な戦力としてウエディングプランナーを位置づけるということは、よくあるケースです。ノルマが厳しいとたいへんです。

働きがい
ウエディングプランナーの仕事の厳しい面を強調しましたが、厳しいだけに婚礼がうまくいったときの達成感とやりがいには大きいものがあります。

一般的な仕事には、毎日毎日同じような仕事の繰り返しで変化に乏しく、自分がしている仕事は何のためにしているのか、誰の役にたっているのか、指示されたことだけをやって1日が終っていいのか、などに代表されるような仕事環境に不満を持って働いている人はたくさんいます。
働くうえで、やりがいとか達成感は重要な要素です。こうしたことが感じられればまた頑張れるし、仕事を続けることができます。

ウエディングプランナーの仕事は、カップルの思い描いている夢やあこがれを形にするというクリエイティブな側面をもつ仕事です。
幸せいっぱいのカップルを相手にして、カップルに喜んでもらう仕事です。
こうした視点で、やりがいを感じることができれば、充実感に満たされることと思います。
プロのウエディングプランナーといわれるためには、
高いコミュニーケーション能力と創造性、知識としては、ウェディング形式、接客の仕方、マナー、クレーム処理や消費者契約法と契約約款のあり方、カラーコーディネート、写真・映像、マーケティングから婚礼衣裳、などの知識が必要とされています。

 
<プライバシーポリシー>当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。 
お問合せ plannershikaku@@yahoo.co.jp (@マークをひとつ外してください)

カテゴリのトップへ
トップページへ
Copyright(c)orionsite all rights reserved